川崎多摩布教所 慶念寺  

浄土真宗 本願寺派 川崎市 多摩区 中野島にある小さなお寺 

未分類

12年に一度のご法要に遇わせていただきました

投稿日:

蓮舟寺様の本堂

今月の23日、私は静岡県掛川市にあります、蓮舟寺様に布教に行ってまいりました。
こちらのお寺は大変歴史が古く、開基は親鸞聖人のお弟子であります、蓮信様です。

また、こちらのお寺は聖徳太子に大変縁が深く、親鸞聖人の護持仏であった聖徳太子尊像を、開基であります蓮信様に勧請され、寺宝として御安置されております。
そしてまた、聖徳太子への親交の深かった、横須賀藩第13代城主忠成公が画かれた聖徳太子御絵と、同第14代城主忠尚公護持仏の聖徳太子像(木像)が御安置されています。

忠尚公護持仏の聖徳太子像は、大阪勤番の際に、四天王寺大法印登順法師よりいただいた「太子十六歳孝養の像」で、大阪城内・江戸屋敷にて拝礼された後、多くの人々が参詣できるようにと、父である忠成公の太子御絵が安置される蓮舟寺に御安置されました。

蓮舟寺 太子堂

蓮舟寺にあります、太子堂は忠尚公の命により、宝暦13年(1763)に太子講により建立されました。以降太子講を中心として、太子法要とご開帳がなされるようになったそうです。当寺の太子堂は安政の大地震で倒壊し、現在は明治13年(1880)に再建されました。
これらのこと、詳しくお知りになりたい方は、蓮舟寺様のホームページを是非ご覧ください。

忠尚公の太子像のご開帳は12年に一度、酉年にされます。今年のご開帳は、明和2年(1765)に始まってから、終戦の年を除いて20回目のご開帳でありました。

私がご縁をいただいたのは、このご開帳法要と蓮舟寺様の秋季彼岸会・永代経法要でした。緊張をしっぱなしで、始まる前に写真を撮れなかったのが残念です。
改めて、聖徳太子がいらっしゃらなかったら、私たちにお念仏の教えが伝わっていなかった。それどころか、仏教も現在の形ではなく、もしかしたらそこに教えはなかったのかもしれないと、感じさせていただく、大変尊いご法縁を頂戴いたしました。

法要終了後、写真撮影をしてもいいということだったので、片付けをするご住職様をはじめとする、寺族のみなさま。そしてご門徒のみなさま、大須賀建築職工組合のみなさまにご許可を頂き、聖徳太子様と一緒に写真を撮らせていただきました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

よくある質問について

HP上のよくある質問について、更新が現在滞っております。 もうしばらくしたら更新いたしますのでご容赦いただければと存じます。

9月の法話会

9月の法話会は 9月16日(土)14時からです! 秋季彼岸会をお勤めいたします。 お位牌、過去帳をお持ちください。 みなさまのお参りをお待ちしております。

公開講座を開催いたします!

川崎多摩布教所慶念寺 開所記念 「死から生、いのちをみつめる」 日時:平成29年8月20日(日)    13時30分から15時30分(会場13時) 場所:JAセレサ川崎 稲田支店 神奈川県川崎市多摩区 …

行事予定

10月の定例法話会は
10月14
日(土)
14:00からです。
真宗教団連合カレンダーをもとに
お話をいたします。

アーカイブ

menu